007-002

(ご参考)2/24SAT.テレビ東京で「就活応援TV」放送

ま。どんな番組になるのか予想がつきませんが……。

Tx

関東地区の方は、いちおうチェックされてみてはいかがでしょうか?

| | Comments (0)

血液型で性格は判断できない、ということ。

名コラム「広告業界就職ノススメ。: 健康診断するということは、内定したということ。」 に、

要するに、「健康診断はあくまで採用後の適性配置・健康管理のためにするものであり、採用決定のために実施するものではない。結果として就職差別につながる恐れがあるので、血液検査を採用時に実施するときには慎重にしてほしい。」という見解を、労働省(当時)が出したということです。いいかえれば、内定を出した後に、従業員に実施する健康診断と同様の位置づけで実施しろということになります。

という記述があります。ちょっと次元は違うのですが「血液型で性格は判断できない(参考にすらならない)ということ。」を述べたいと思います。幸い、わたくしの知る限り広告会社の選考に当たって「ABO血液型」を参考にしている会社はないのですが。(もし、あったら教えてくださいネ)

まずは、血液型と性格は関係があるか? というweb頁をご参照ください。冒頭に「結論」として、こうあります。

医学的・心理学的に血液型と性格の間には関連がない。血液型性格関連説は、差別・偏見を生む大変な問題である。

ここに書いてあることに加えて、補足することが3つだけあります。

(1)医学の常識。

ABO血液型というのは、赤血球と血清との凝集反応をもとにした型の分類のことですが、赤血球は血液の成分の中でも最も大きなものであり、それは血液脳関門を通過できないのです。映画『ハンニバル』をご覧になった方もお分かりだと思うのですが「脳は白い」んです。そもそも「脳に赤血球が到達していないのに、それが性格と関連があるはずがない」じゃありませんか? もっとも「いや、心は脳ではなく心臓にある」と反論する人が(仮に)いたとしても、それは「臓器移植にあたって、免疫系(白血球)の違いは関与があるけれど、ABO血液型は無関係」であることを考えれば、答えは明らかでしょう。

(2)「有る」ことと「無い」ことはどう違うのか。新しい法則を見出す時に取るべき科学的態度とは?

上記のようなことを言うと、必ず「科学的医学的に証明されていなくても、『関係ない』ということは証明されていないのだから、可能性を否定することはできないんじゃないですか?」と反論する人が出てきます。岡山大学で心理学を教授されている長谷川芳典先生が、自身の「じぶん更新日記1998年9月24日」でこう述べています。

デジタル技術の進歩のせいかどうか分からないが、ともすれば、「無い」を「0」、「有る」を「1」というように、排他的に物事をとらえがちである。この論法でいけば、「無い」を否定すればすべて「有る」ということになるのだろうが、現実はそんなに単純ではない。 未知の生命体とか新しい法則を見出す時に取るべき科学的態度は、「とりあえずは無い」という帰無仮説を立てた上で、「有る」という可能性のある事象を徹底 的に検証し、偶然とは言い難い存在なり特徴が安定的に確認されたときに初めて、その事象に限って「有る」という結論を下すのである。

別の例をあげれば、こういうことです。「UFO」というのは実在します。なぜならUFOとは「未確認な飛行物体」のことで、それは過去の事実として記録されているからです。しかし「UF0には宇宙人が乗っている」ということが実証されたことはありませんよね。「いや、私は人類より知性の高い生命体がUFOに乗って地球に来ていることを“信じて”います」という人がいても構いません。信じる信じないは個人の自由ですから。

「血液型と性格は関係がない」ということを、証明する必要はないのです。証明する必要があるのは「ある」という仮説を持った人たちであり、彼らが再現可能な事実によってのみ「関係がある」ということを立証できるのです。それまでは「とりあえずは無い」と認めることが、知性ある人間の態度というものです。

(3)統計学の基本とは?

「ある調査の結果、血液型と性格に関連があるということが分かりました」という場合には、大きく2つの欠陥があります。ひとつは調査の基本がなっていない、ということ。もうひとつは、この血液型ステレオタイプ化が浸透してきているという事実です。「A型の人がますますA型的性格になるという変化が、穏やかながらもここ数十年で生じてきている」という報告もあるくらいです(笑)←こんなバカバカしいことが起こっているのは、日本(と韓国だけ)です。

“破壊と創造という過程を考え、そう実行している人(奥田碩・経団連前会長の小泉評)”のどこが、“A型は、周囲との和を大切にする慎重派タイプ(一般的なA型タイプ)”なんでしょうか? しかしながら、首相官邸HPで総理のプロフィールとして「血液型」が記述される(ちなみに晋ちゃんはB型だそうですよ:“マイペースで行動的な自由人タイプ(一般的なB型タイプ)”←どこが!w)……、某民間放送の野球中継で選手の成績とともに血液型が表示される……。「輸血時に必要だからという理由ではないはず。」(笑) この国の風土は異常ですね~

極めて個人的な話になりますが、先日小学生の娘が肺炎に罹りまして血液検査をしたらO型でした。わたくしがA型(AO)で母親がO型ですから、当たり前なんですけれど。彼女に「血液型と性格は関係ないんだからね」というと「そんなことないよー、雑誌にも書いてるし皆言ってるもん」。あのねえ──(以下略)

話を最初に戻しますと。「広告業界就職ノススメ。: 内定前の健康診断問題」 は、広告労協の活動らしいシリーズなので、一度(就活生だけではなく)採用ご担当者及び人事担当役員にはぜひ読んでいただきたいところです。

| | Comments (11)

(速報)2006年の日本の広告費は5兆9,954億円、前年比0.6%増

電通は、2月20日 14時30分に「2006年の日本の広告費は5兆9,954億円、前年比0.6%増」を発表いたしました。

日本の広告費を覚えておくことは、この業界を目指すものの基本です。広告業界を横断的に目指す学生であれば、この発表資料はぜひきちんと目を通しておいてください。byとおりすがりの業界人

過去のリリースは以下↓。
2005年の日本の広告費は5兆9,625億円、前年比1.8%増。
2004年日本の広告費は5兆8,571億円、前年比103.0%。
2003年の日本の広告費は5兆6,841億円、前年比99.7%

国内総生産(GDP)と国内広告費の相関関係にも目を通しておくといいですよ。

さて、今年の語呂合わせは、どうします?>とおりさーん!
それも含めて、詳細な分析は後ほど追って。

| | Comments (0)

志望の職種を問われて「営業です」と答える人へ

模擬面接の際、わたくしが必ず聞くことが3つあります。
(1)自己PRと(2)広告業界を目指す理由(3)志望の職種、です。

(3)の質問、希望の職種は? と聞くと、たいてい5人中4人は「営業です」と言います。このうち半分ぐらいは本当はCR志望だったり、他の職種を希望しているのに「とりあえず“営業”を言っておけ」みたいな印象を受けたりします。そして、その4人に「それでは、どんな営業マン(ウーマン)になりたいんですか。例えば具体的なクライアントとか、業種とか?」と尋ねると、4人中3人ぐらいが「そうですね……飲料メーカーです」という回答をするんですね。

まず、クリエーティブ志望なのに「営業です」と言ってしまう人は、⇒こちら「クリエーティブ志望と、クリエーティブ志向は違う。」を読んでください。そして「飲料メーカーとか」と言ってしまう人には、⇒こちら「志望職種は営業です、と言うことについて。」を読んでいただきたいと思います。(もちろん、両方当てはまる方は2つとも)

「2005年日本の広告費の業種別広告費」を見ていただければ分かりますが、21業種のうち2000億以上の広告費をかけているのは飲料以外にも7業種ありますし、しかもこの「飲料」にはビールなどのアルコール飲料も含まれています。飲料よりも規模の大きい業種は結構あるのです。※

非アルコール飲料は全般的に低調で、茶飲料など多くの商品が減少。

飲料担当の営業は5人に3人も要りません(笑)
ところが「CM高感度」調査などを見ると必ず上位に「ドリンク」が入ってきます。ですから面接で「飲料メーカーの営業を志望しています」というのは、いかにも素人っぽい、ビジネスする側の視点に欠けている、と受け取られやすい危険性があると思います。

先のエントリーで紹介した「自分がその会社にどのように貢献できるか、具体的なイメージ」というのは、そういうことです。そしてこれは、とおりすがりの業界人さんが

この問題は、どの会社ということなく頻繁に聞かれます。しかしこの質問だけでその学生の多くを知ることができます。極端なことをいえば、広告代理店の選考で落とす学生を決めるにはこれだけ聞けばいいかもしれません。私自身、模擬面接会で何回も聞いてきた質問です。

と書いた「興味ある広告を3つ挙げてください」でも極めて重要なポイントです。サントリー伊右衛門のCMが素晴らしいのは当然です。ですからもちろん、それを挙げても構いません。しかしその時、単にCMの話だけではなく広告キャンペーンや、もっと商品マーケティングまで踏込んで語ることができるか、それが問われてくるのです。

※そろそろ「2006年日本の広告費」のリリースがあるはずです。

| | Comments (3)

「役に立つ」ということ。

広告業界就職ノススメ。(同名書籍にも収録): 機関車トーマスの価値観。 から

どんな話をしようと、どんな質問に答えようと、その内容は「自分は役に立つ人物である」ことをアピールできるものになっているべきだと思います。自分がその会社にどのように貢献できるか、具体的なイメージを相手に沸かせることが大事です。

なかなか、これが難しいのですが。しかし、こう考えてみるといかがでしょうか。
思い込みを捨てれば楽に生きられる (宋文洲の傍目八目):NBonline(要無料登録) から

詩人李白は「天生我才必有用」という不朽の名句を残しました。「天が私を生んでくれた以上、必ず世の中の何らかの役に立つためである」という意味です。ここの「天」は神であり、当人の意思によらない運命です。愛情、友情、金銭、政治などの挫折を受け入れながら、なお人生を前向きに捉え、運命と楽観的につき合う詩人だからこそ発せる名句です。

広告業界には様々な会社があり、職種があります。だからこそ、それを知ることで「具体的なイメージ」が自然に生まれてくるのではないでしょうか。そのためには、(1)自分自身を知ること。(2)各広告会社を研究すること。が必要であることはいうまでもありません。(1)はともかく、(2)に関しては広告労協Fさんの献身的な(まさに救世主のようなw)活動が日々リリースされていますから、何度も繰り返し書いていますが『広告業界就職フォーラム2010』最新情報 をチェックするようにしてください。

| | Comments (0)

3/4(日)『PR業界就職フォーラム2008』開催決定。(コピペ)

広告労協では、好評だった『広告業界就職フォーラム2008』に引き続き、同様の形式でPR業界版の就職フォーラムを3/4(日)に開催します。東京のみの開催となります。広告・PR業界に興味のある方はぜひとも御参加ください。

『PR業界就職フォーラム2008』
日時:2007年3月4日(日曜)12:30-16:30(予定)
会場:東京都中小企業振興公社・秋葉原庁舎(JR山手線・秋葉原駅下車徒歩3分)
参加費:1500円(パンフレット付)
定員:200名
パネリスト:PR会社現役社員
参加対象者:広告業界への就職を検討している大学生、既卒の社会人。
参加費:1500円(パンフレット付)
主催:広告労協

PR業界就職フォーラム用の応募フォームを作成しました。
応募される方はこちらからご応募ください。

http://homepage3.nifty.com/adunion/prforum.html

問い合わせ先:広告労協03-3545-6279 FAX:03-3545-6279 メール:ad-japan@pop02.odn.ne.jp

| | Comments (0)

タイプ分け

ご無沙汰しております 挨拶専用85です。
今回は、いわゆる「自己分析」でお悩みの方に、参考になるサイトをご紹介したいと思います。

Test_1

行動と捉え方のタイプを知るための「タイプ分け」というテストです。臨床心理学、組織行動学などをベースに、人のコミュニケーションスタイル、パターンを4タイプに分類したもので、現在のあなたがどのタイプに当てはまるか診断してくれます。

日本で始めて本格的に「コーチ・トレーニング・プログラム」を手がけた会社のサイトですから、よくある「YES or NO」だけで適当に分けるスゴロク式のものとは違います。

「コーチング」とは、野球に喩えるとこんな感じ(ここからはコーチの受け売り)です。

グランドで練習をしていて、内野手がゴロを捕りそこなった時……
「こら! もっとボールをよく見ろ!」というのが“ティーチング”
これに対して「どうして捕れなかったと思う」と聞いて「いや、ボールの回転でバウンドが予測と変わったからです」と応える選手に「いいかー、打球というのはなぁ。高い球と低い球を打った時はボールの回転が違うんだよ……」 と言うのが“コーチング”です。(ものすごく単純化してます)

要は、どっちの方が(結果的に)「よく球を見る」ようになるか、ってことですね。

話を「タイプ分け」に戻しますと。どのタイプが優れていてどれかが劣っている、ということではありませんし、どのタイプが広告業界に向いているということもありません。なぜなら広告業界には「いろんなタイプの人間が必要だから」です。
ですが、業界研究を深めた人なら「どのタイプが、どの職種に合うか」ということが分かってくるはずです。その意味でも役立つテストだと思います。あなたは何タイプでしたか?

 ちなみにわたくしは、プロモーターでした。
  コントローラー:18
  アナライザー :12
  プロモーター :32
  サポーター  :19

これはあくまでも、現時点での分析です。むしろ大切なのは、こうありたいこうなりたい、という意志かもしれません。

| | Comments (0)

志望動機と、“きっかけ”は違う。(再)

東京地区での模擬面接が始まりました。

※告知や連絡は、広告業界就職フォーラム 就職課掲示板で行いますので、つねにチェックしてくださいね。

先日、第1回の模擬面を実施して、わたくしのブログがあまり読まれていないことが分かりました。とくに過去のエントリーを読むのはブログという形式上、面倒なこともあるので適宜再放送していきたいと思います。(2006/11/05初出、加筆修正)

----- Original Message -----

「動機」を辞書で引けば、 “人が行動を起こしたり、決意したりする時の直接の(心理的な)原因・きっかけまたは目的。” とあり、「きっかけ」とは、 “物事を始めるための手がかりや機会。また、物事が始まる原因や動機。” となっています。

もう少し詳しく見てみましょう。「原因」とは “ある物事や状態を引き起こしたもとになった事・出来事。” ですから、「きっかけ」に近いと言えますが、わたくしは就活における「動機」というのは、むしろ「理由」を語るべきだと考えています。

それはつまり、なぜそうなったかという筋道。また、なぜそうするかという根拠。わけ。事情。” のことです。(すべて、三省堂提供「大辞林 第二版」goo辞書から)

たとえば志望動機を問われて、「わたしが小さい頃いじめにあった時、AC(公共広告機構)の『いじめをなくそう』キャンペーンのCMを見て、広告の“人を勇気づける力”を知りました。ですから私も、世の中を変えるメッセージをつくりたいと思っています」と答える学生さんは少なくありません。(「いじめ」と「AC」については、こちらこちらのエントリーをご参照)

それでは短絡的過ぎるのです。たしかに「きっかけ」はそうかも知れません。しかし、そこから自分がどう考え行動してきたか、“なぜそうなったかという筋道。” “なぜそうするかという根拠。”を自分の言葉で話せなければダメなんです。ひとこと「考えが足りない」と言われても仕方ありません。

それでは、どう考えればいいのでしょう。先の例は突っ込みどころ満載なので、後ろから指摘すると、「メッセージをつくりたいと思っています」に関しては、どうしてCMプランナーになりたいのかその業務内容を知っているのか、覚悟はあるのかそのための努力しているのか。ということを、説得力を持って説明できなければなりませんし、

「広告の“人を勇気づける力”」は、そもそも何のために鍛えられてきたのか公共広告と通常の広告とは、どう違うのか。どこが同じなのか。──そういった洞察と考察がなければ、それは単なるあなたの「願望」にしか過ぎません。

採用する側が聞きたいのは、入りたい“きっかけ”ではなくて、あなたが「どれくらい広告業界に入りたい」と考えているか(という意欲)と、その“理由”をきちんとプレゼンテーションできる(能力がある)か、ということなのです。

がんばれ!広告業界就職活動学生 ~08年度新卒へ~ たいせつなもの ←このエントリーも必読です。

| | Comments (0)

日本語テスト

ATOK & 一太郎 presents 第二回全国一斉! 日本語テスト

やって味噌。わたくしの点数は……、
恥ずかしくて言えません(笑)

Atok_2

| | Comments (0)

スーパーボウルの楽しみと言えばコマーシャル

blog:Life is beautifulから

毎年、スーパーボウルの翌日になると話題になるのは、ゲーム中に放映されるコマーシャル。全米で約9千万人が見るスーパーボウルのコマーシャルは、30秒で$2.6million(約3億円)とも言われるが、私のように「ゲームそのものよりもコマーシャルを楽しみにスーパーボウルを見る視聴者」がたくさんいるので、費用対効果は決して悪くない。特に去年あたりから、Youtube+ブロガーというバイラル・マーケティング効果も期待できるので、スポンサーも「話題になるコマーシャル」を作るのに懸命だ。 ということで、私もブロガーの一人として、気になった広告をYoutubeから拾い出して貼り付けてみることにした。

Sb_1

※上記blog名をクリックしてお楽しみください。

(追記)
SuperBowl Ad Meterによるトップはバドワイザー
毎年恒例の人気投票です。
238人によるCM評価、USA Today紙のSuperBowl Ad Meterではトップをバドワイザー、バドライトが占めたそうです。 Usat_1

全てのCMはAOLなどで見ることができます。
Aol

| | Comments (0)