00709

プレゼン初心者が覚えておくべき3つのポイント

スライドショーを使ったプレゼンのアドバイス自体が参考になるわけではありませんが、就活というのはある種、究極の「自分自身のプレゼンテーション」と言えるでしょう。では行きます! Life is beautiful: プレゼン初心者が覚えておくべき3つのポイントから

プレゼンの初心者にありがちな失敗は、

・自分の未熟なプレゼンのテクニックを気にしすぎてあがってしまう
・情報は多い方が良いと勘違いして、スライドをたくさんの文字で埋め尽くしてしまう
・その結果、観客に話しかけるのではなく、観客に背中を見せてスライドを読んでしまう
・結局何が言いたいのか全く伝わって来ない

など。今日はそんな人に覚えてほしい三つのポイント。

1. 観客は「未熟なプレゼン」には寛大だが、「何を伝えたいのか分からないプレゼン」には厳しい

 「自分はプレゼンが不得意」と思い込んでいる(もしくは悩んでいる)人はたくさんいると思うが、そんな人がまず覚えておくべきことは、観客が「未 熟なプレゼン」にはけっこう寛大であること。小中学生ならいざしらず、社会に出てから「プレゼンターの未熟さ」笑う人はまずいないので、心配しなくても良 い。逆に、観客が許してくれないのは「何を伝えたいのかが分からないプレゼン」。ここだけは、絶対にはずしてはならない。

 

2. 「自分が伝いたいポイント」を意識して、それを伝えることにだけ注力する

 それを防止するためには、プレゼンの準備をする前に、まずは「自分が伝えたいポイント(できれば1つ、多くても3つ)」をはっきりと決め、「絶対にそのポイントだけは伝える」ようにスライドを作ること。基本としては、

・冒頭のスライド一枚にそのポイントをまとめておき、「これが今日私が伝えたいことです」と宣言する
・そして、その伝えたいポイントを何枚かのスライドを使って丁寧に説明する
・最後に、「今日、私が言いたかったポイントはこれです」とまとめのスライドで繰り返す

 この形を意識すれば、プレゼンの仕方が多少下手でも、少なくとも何が伝えたいのかだけは分かってもらえる。

3.は、パワーポイントの話なので省略します。 どうです? 参考になるでしょう~ 最後のビデオは面白いですけどね!

| | Comments (0)

お笑い「外資系広告代理店」入門

意外と、というか広告人によるブログというのは結構ありますし、面白い(わたくしが同業だからという点を差し引いても)ものが少なくありません。
で、愛読しているブログの一つ「ある広告人の告白(あるいは愚痴かもね)」(もちろん、このブログのタイトルは同名の名著に由来しているもの)からお笑い「外資系広告代理店」入門を紹介したいと思います。面白いですよ。

●外資系では日常会話に英単語が混ざる
・グルイン=グループインタビュー。座談会式消費者調査のこと。
・ラーン=学ぶ。ここでは、グルインから重要課題を見つけだすこと。
・コンシューマー=消費者。
・インサイト=心理洞察。
・ドメスティック=国内。通常、日本の広告代理店を言う。
・ドメドメ=日本の外資系広告マンが使うスラングでやぼったい広告のこと。
・アグリー=それでいきましょう。
・ノットアグリー=それは違うだろう。
・アイシンクアイアグリー=まあみんながそう言うなら‥

それと、社名が漫才コンビっぽいんですよね。いちおう匿名で書いているので、ひとつ前の会社を例にとります。サーチ&サーチ・ベイツ・読広。電話で「は い、サーチ&サーチ・ベイツ・読広です」。舌噛みそうですよね。だからSSBYと略したり、サーチ&ベイツと略されたり。某お得意先の受付で手続きをする と、きれいな受付のお姉さんが「サーチ&ベイツさん、お見えです」って。思わず「サーチでーす!」「ベイツでーす!」「二人あわせてサーチ&ベイツでー す!」って言いたくなりました。

わはは! ドメドメのわたくしといたしましても、すごくよくわかりますが、逆に言うと創業者の名が会社の名というのはまさに「人が財産」というか“ブランド”そのものだと思いますねー。むかし、業界第2位の会社に内定した学生さんが彼のおばあさんに「○○堂に内定しました」と報告したところ「饅頭屋かい?」と言われて落ち込んだという笑い話もあるくらいですから。

話を戻しますと。広告人のブログが多いということは、それだけ性質として自己表現に対する欲求が強いのでしょうね。いいたがりというか。クライアント作業で言えなかったことの欲求不満とか、わたくしのようなクリエーティブのなりそこないというか(笑)
いやー、いい時代になりましたね。もっとも、守秘義務とか就業規則を順守するといったコンプライアンスの重要性は言うまでもありません。

| | Comments (0)

日本“テレビコマーシャル”制作社連盟が名称変更。

先のエントリー、日本広告“主”協会が名称変更。 で、JAAが「日本アドバタイザーズ協会」に改称したことをお伝えいたしましたが、7月17日付で「日本テレビコマーシャル制作社連盟」が『社団法人 日本アド・コンテンツ制作社連盟』(英文名:Japan Ad. Contents Production Companies Association 略称:JAC)と改称したそうです。

つまり、広告の映像制作プロダクションの成果物が「CM」だけではなく、web上のビデオを含めた様々なメディア・コンテンツになってきたことの証かもしれません。名は体を現す、とも言いますし"新しいワインには新しい皮袋を"ということなのでしょうね。

| | Comments (0)

能力が無くて性格の良い人と、能力があって性格が悪い人、どちらを選ぶ?

NHKの人気バラエティ「サラリーマンNEO」を見ていましたら、 教えて! Mr.バレンタイン というコーナーで非常に興味深い質問が出ました。タイトルにある「能力が無くて性格の良い人と、能力があって性格が悪い人、どちらを選ぶ?」です。どのように答えるかと思いましたら、

   チームを作るには「能力」が必要です。
   しかし、「性格」を変えるのは非常に困難です。
   「能力」をつけさせる方がずっと簡単です。
   学ぶ意識と能力があり、順応しようと努力する人を
   チームに入れるでしょう。
   ただし、基本的な技術は必要ですよ。

さすがバレンタイン監督、いいこといいますね。もはやコメント不要という気もいたしますが、あえて付け加えるとするなら(1)性格の良い人とはどのような人を指すのか(つまりどんな人が向いているのか?)ということと、(2)基本的な技術はどこまでのスキルなのか? ということが問題となるのでしょう。

ひとつのヒントとしては、過去のエントリーでやはりNHK(教育)の番組を紹介したように、

   ◇どんな人が向いてるの?
    (1)人と関わることが好きで、物事を投げ出すことなく、
    最後までやりきることができる人
    (2)また、社会の動きに興味を持ち、世間の人々が何を求めて
    いるのかを敏感にキャッチする感覚も必要です。


ということが参考になるのではないでしょうか。
ではまた。

| | Comments (0)

志望動機と、“きっかけ”は違う。(再々)

11/18(日)開催『マスコミ就職フォーラム2009』の募集が始まりました。
「広告業界就職フォーラム 自治会掲示板」でも様々なイベントが告知されています。常々チェックしてくださいね。

さて本題。過去のエントリーを読むのはブログという形式上、面倒なこともあるので適宜「人気の高い(自画自賛^^)」エントリーを再放送していきたいと思います。2006.11.05初出、2007.02.09加筆修正なので、3回目。半年に1回アップしてますね(笑)

----- Original Message -----

「動機」を辞書で引けば、 “人が行動を起こしたり、決意したりする時の直接の(心理的な)原因・きっかけまたは目的。” とあり、「きっかけ」とは、 “物事を始めるための手がかりや機会。また、物事が始まる原因や動機。” となっています。

もう少し詳しく見てみましょう。「原因」とは “ある物事や状態を引き起こしたもとになった事・出来事。” ですから、「きっかけ」に近いと言えますが、わたくしは就活における「動機」というのは、むしろ「理由」を語るべきだと考えています。

それはつまり、“なぜそうなったかという筋道。また、なぜそうするかという根拠。わけ。事情。” のことです(すべて、三省堂提供「大辞林 第二版」goo辞書から) 。

たとえば志望動機を問われて、「わたしが小さい頃いじめにあった時、AC(公共広告機構)の『いじめをなくそう』キャンペーンのCMを見て、広告の “人を勇気づける力”を知りました。ですから私も、世の中を変えるメッセージをつくりたいと思っています」と答える学生さんは少なくありません(「いじめ」については、こちら。「AC」については、ひとつのエントリーをご参照)。

それでは短絡的過ぎるのです。たしかに「きっかけ」はそうかも知れません。しかし、そこから自分がどう考え行動してきたか、“なぜそうなったかという筋道。” “なぜそうするかという根拠。”を自分の言葉で話せなければダメなんです。

ひとこと「考えが足りない」と言われても仕方ありませんね。 それでは、どう考えればいいのでしょうか。先の例は突っ込みどころ満載なので、後ろから指摘すると、「メッセージをつくりたいと思っています」に関しては、どうしてCMプランナーになりたいのか。その業務内容を知っているのか、覚悟はあるのか。そのための努力しているのか。ということを、説得力を持って説明できなければなりませんし、

「広告の“人を勇気づける力”」は、そもそも何のために鍛えられてきたのか。公共広告と通常の広告とは、どう違うのか。どこが同じなのか。──そういった洞察と考察がなければ、それは単なるあなたの「願望」にしか過ぎません。

採用する側が聞きたいのは、入りたい“きっかけ”ではなくて、あなたが「どれくらい広告業界に入りたい」と考えているか(という意欲)と、その“理由”をきちんとプレゼンテーションできる(能力がある)か、ということなのです。

| | Comments (1)

ACの2007年度全国キャンペーンがスタート

毎年「7月から」なので、すでにたくさんの方がご覧になったかと思います。
12_3
dentsu online「電通報」(8/27号)から

公共広告機構(AC)の2007年度全国キャンペーンが7月からスタートした。テーマは「親子のコミュニケーション」と「身近な環境対策」。「支援」「地域」キャンペーンも同時に始まり、行動に結び付くメッセージを発信している。

全国キャンペーンが、2つ。「支援」キャンペーンは9テーマ、「地域」キャンペーンが、北海道・東北・東京・名古屋・大阪・中四国・九州・沖縄の8エリア。堂々たる大キャンペーンですね。

ですから「印象に残った広告は?」と問われて「ACの広告です」と答えることの陳腐さ、というか「それを言ったり述べたりすることが、いかに面接や採用の担当者の印象に残らないか(笑)」を考えていただきたいものです。

全く個人的に、あるNPOの「支援キャンペーン」採用のための提案活動のアドバイスをしていますが、なかなか応募が多く枠が限られているので結構大変です。「そろそろ来年あたりは」と予測(願望)しているところです。

ちなみに「公共広告機構のコマーシャルは賛助会員によって放送枠を無償で提供されており、広告自体も広告代理店などの加盟企業がコンペティション形式で制作して(Wikipediaから)」いますが、「支援キャンペーン」の制作費(実費分)はその団体が負担しなければなりません。

(ご参考)広告労協 『広告業界就職フォーラム』挨拶専用ブログ: リンク(6)AC:公共広告機構

| | Comments (0)

朝日広告賞のサイト「月間賞」

『広告業界就職ノススメ。』で、人気と評価の高いシリーズのひとつに「あなたが興味ある広告を3つ挙げてください」というのがあります。

色々とアドバイスすべき点は多いのですが、模擬面接をしていていつも気になる点として、大手総合広告会社や新聞社系の会社を希望していながら、新聞広告をまったくフォローしていないケースです。

基本は、毎日よく新聞を(できれば複数紙)読みなさい。ということにつきるのですが「広告批評」や「宣伝会議」を買う前に、簡単にできることがあります。

Asahi Advertising Award 2006

Asahi200707

『朝日広告賞』の「受賞作品紹介・月間賞」というコーナーです。

実際の紙面では毎月月末に前月分が報告・掲載されその2週間後くらいにこのwebサイトで更新されます。評者のコメントもついていますし、参考になると思いますよ。

Asahi0827 (8/27掲載)

他紙でも同様の企画があります。クリエーティブ志望でない方もチェックしてみてはいかがでしょうか。なんといっても広告会社の最終的なアウトプットの一つは広告表現なのですからね。

| | Comments (0)

09年度『広告業界OB・OG訪問会』第2弾を9/19夜に開催(コピペ)

広告業界就職フォーラム自治会掲示版 No.1796から

2009年度採用『広告業界OB・OG訪問会』第2弾を9/19(水)19時から東京・銀座周辺の会議室で行ないます。広告業界への就職を検討している方はぜひ御参加ください。

日時:9/19(水)19時00分から
場所:東京・銀座周辺の会議室
参加対象:2009年度採用・就職活動生の皆様
参加費:無料(後日で構いませんので広告労協に登録が必要)

参加申込方法:「9/19広告業界OB・OG訪問会参加希望」というタイトルで広告労協宛にメールを送付ください。集合場所などを返信します。

広告労協 ad-japan@pop02.odn.ne.jp

なお、このad-japan@pop02.odn.ne.jp というアドレスに送信するとエラーメッセージか帰ってくる場合がありますが、メールサーバー不調に付き発生する現象なので、ちゃんと届いていますから再送する必要はありません(念のため)。よろしくお願いいたします。

| | Comments (0)

08生主催イベント第1弾!!就活準備プラン【関東】(コピペ)

広告業界就職フォーラム自治会掲示版 No.1790から


08生主催イベント第1弾!!就活準備プラン【関東】  / shinjo08@関東自治会長

日程:10月5日金曜日19時30分から
場所:未定(人数少なければ労協事務所)

内容:就職活動の実際・現実について08生が語り、09生の質問   に答える感じでやるつもりです。

就職活動は噂や都市伝説が横行するので、実際どうゆうものかを聞けるのは心強いのではないでしょうか?
さらに自分だったらこういうことを聞きたかったなあと思って考えました。

参加費:少人数の場合、飲みながらフランクにということも考えていますので、1000円ほど飲食費としてかかるかもしれません。詳細は後日追記します。
09生のみなさんどんどん参加お待ちしています。
参加したい方は労協サイトにて一般登録をして、shinjo08までメールを下さい。
参加して後悔しないイベントにしたいと思っております。


☆ Re: 08生主催イベント第1弾!!就活準備プラン【関東】  / shinjo08@関東自治会長

参加希望者は、
 ●氏名
 ●HN   (例:shinjo08)
  ●大学
 ●連絡先 (tel & E-mail )

をメールにてshinjo08まで送ってください。

yuuki_k721@yahoo.co.jp


イベントまで時間はたっぷりあるので、ぜひその前にカフェテリアに参加してみてください。(先輩がたくさんいますので)
たくさんの方の参加お待ちしています。

※08生、先輩方で参加の方はmixiのGBのイベントトピにてお願いします。

| | Comments (0)

自己PRと志望動機の関係について

きのう申し上げたことを図にしてみました。

Jikopr

よく聞かれることなんですね。「自己PRに志望動機を含めるべきなのでしょうか」それとも「志望動機が自己PRにリンクしているのがいいのでしょうか」などと。

先のエントリーの参考にして「自分なり」の構成を考えてみてください。

| | Comments (0)