00710

世界初のブランドは何でしょう?

世界最古の広告は何か。という問いに対する正解は──、
説が色々あるが、おそらくエジプトのテーペの遺跡から発掘された広告が世界最古と考えられる。 と言われています。

しかし、ここでの問題は「いわゆるお酒の銘柄や、老舗の暖簾のようなものを除き、近代マス・マーケティングとブランド・コミュニケーションを結びつけたもの、という意味において」です。もちろんブランド 【brand】とは(辞書を引けば明らかなように)そもそも〔原義は「焼き印」の意〕です。牧場主が小牛の首の後ろに押し付けるんですね。

さて、いきなり正解を申し上げます(笑)
それは──、アーカー教授の説によればP&Gの『アイボリー石鹸』です。
 

「オフィス・デポ」のネットショップに分かりやすい解説が載っています。

『アイボリー』は1879年に石鹸を発売し、その誕生から125年以上の長きに渡り世界で愛されてきた、P&G(プロクター&ギャンブル)のブランドです。この石鹸は、J.N.ギャンブル氏らが開発し、H.プロクター氏が『アイボリー』と名付けました。

当時のアメリカでは、量り売りで売られていたので大理石の粉を混ぜたような粗悪品の石鹸が安く出回り、商品の質の良さで販売することが困難だったのです。そこで、プロクターさんが(1)名前をつけて(2)広告でイメージを広めた、のですね。それまで、石鹸に商品名は付いていなかったのです。(参考:週刊しゃかぽん 31号

過去の模擬面接で「ESにブランディングの仕事がしたいです、なーんて書いてるけど、じゃあブランドについて中学生にも分かるように説明してみて」と聞いて、いきなりしどろもどろになった学生さんは一人や二人ではありません。上記の週刊百科の対象年齢は「小学校高学年」ですよと(笑)

また、食品の偽装事件が相次ぐ中、メーカーや行政に対する厳しいコメントをするのも間違った態度ではないのですが、11月18日に開催される「マスコミ就職フォーラム」に関連していえば、批評するのはジャーナリストの仕事です。広告業界を目指すものであるなら「どうして偽装事件が多発し、後を絶たないのか」という問いに対して、単に倫理的な正義感を振りかざすのではなく、経済合理性のなかで広告やブランドがどういう機能を果たしているのか? または、PR的な視点からリスクマネージメントと広報について考察してみることも大事だと思います。

「ブランドイメージとは、コンテンツとコミュニケーションの掛け算である。」という至言を述べた、双日総研 吉崎達彦氏の『溜池通信』も必読でしょう。ちなみに、ブランドの語源に由来した有名なプロレス技がありますね。⇒コレですw

| | Comments (0)

「おかしいです」は、おかしい「です」。(完結編?)

まとめてみます。

1)エントリーシートの文章は多くの場合「だ・である」体ではなく「です・ます」体が望ましい
2)ただ「です・ます」体で書くにはある程度の文章能力(特に語彙)が要求されるので、下手に「です・ます」体で書くよりも「だ・である」体の方がまし、という意見もある。
3)いずれにしても、一番重要なことは言うまでもなく「内容」。その次が、文章の表現力。
4)後者のためには、とにかく書くこと。そして推敲すること。自分が上手いと思うお手本をみつけること。日頃からの言葉遣いに気をつけること。

「たいへん美味しかったです」より「とても美味しかった」でOK。「たいへん美味しゅうございました」という必要はない(当たり前)。よりベターな表現としては(たとえば)「たいへん美味しい食事でした」。これを「たいへん美味しかったと思います」というのは、どうかと(笑)

「先日のイベントはたいへん素晴らしかったです。ありがとうございます!」ではなくて(それでも感謝の気持ちは伝わりますけどね)、「先日は素晴らしいイベントを紹介していただき、ありがとうございました。」の方が、オトナ語として優秀な感じがするでしょ?

「です・ます」は、(基本的に)名詞のあとにつく言葉である、ということを知っておくだけで随分表現に厚味が出てくるもの(なの)です(よ)、と。いやあ、ほんとうに日本語って奥が深い(の)です(ね)。←口語の場合でも(かっこ)のどちらかを入れたりすると効果的です。ではまた。(しつこい?)

| | Comments (0)

○行きたい国は「タイです」。×タイに行き「たいです」。○好きな魚は「鯛です」。×鯛を食べ「たいです」。『です・ます』体でESを書くのは、本当に難しい(の)です(ね)。とw

かつて同様のエントリーをアップしたとき、尊敬する大先輩に「某公共放送への就職を目指すヒトのためのガイダンスみたい」とコメントされてちょっと凹んだこともあるんですが、やっぱり気になるテーマなので再度挑戦してみたく。

タイトルの「○と×」厳密に言えば「×」ではないんですね。先に(下記リンク参照)述べたように、

Q.「楽しいです」「大きいです」という言い方には、やや違和感を持ちますが、正しいのでしょうか?
A.この言い方は現在では認められています。

【解説】
「楽しい」「美しい」「やさしい」といったいわゆる形容詞には、かつては「です」を付けることはありませんでした。ていねいに言うときは、「楽しゅうございます」「美しゅうございます」という言い方がありましたが、日常語ではあまりにも大げさです。そこで、形容詞に単に「です」を付ける簡単な言い方が登場しました。
 昭和27年に国語審議会がまとめた「これからの敬語」では、「大きいです」「小さいです」などの言い方は、平明簡素な形として認めてよい、という答申が出 されています。そこで現在では、一応標準的な言い方となっていますが、歴史が浅いだけに年配の人の中にはまだ違和感を持つ人もいるわけです。
NHK放送文化研究所から

この記事も10年以上も前に書かれたものです。しかし、とおりすがりにの業界人さんにコメントいただいたように(下記参照)、やはり「クリエーティブな仕事をしたいです」と書くのは読む相手に稚拙な印象を与えることがある、ということを知って欲しいと思います。

私のコラムにこんな裏づけがあったんですねー。参考になりました。
 このおかしい「です」コラムは、例えばビジネス文書で「このプロジェクトを推進したいです」といった文章を私がかつて見たことがないこと、またもし もそういう文章があった場合社長クラスの年齢がどう思うか、ということも念頭においています。「楽しゅうございます」に代えろというのもありえませんの で、やはり書き言葉で形容詞+「です」は「避けたい」と言うしかないようです。

問題は、ではどう書けばいいのかということです。とおり氏は「思います」を推奨しているのですが、実はこれがまた曲者なんですね。「僕は君と結婚したいです」は幼稚な言い方だからと行って「ボ ボクはキミと結婚したいと 思います」じゃあ弱いでしょう?

「思う」より「考える」を使うという手もありますが、しかしそればっかりだと──「僕は君と結婚したいと考えています」──お前誰? って感じですよね(笑)

例えが悪いので場面を変更しますが(ここでの正解は「労協カフェテリア」で!w)、口語の場合は簡単です。「どうしても僕は君と結婚したいのです」「やはり僕は君と結婚したいですね」みたいな。要するに、言葉をよく選んで考えて書いてくださいね、ということに尽きます。コトバを商売の基本にしている業界なんですから。

エントリーシートの文章は多くの場合「だ・である」体ではなく「です・ます」体が望ましいと、私を含めた複数の広告労協スタッフは共通見解を持っています。エントリーシートは目上・先輩が見ることが確実な書類であり、丁寧な文体のほう印象がいいのは当然のことです。

というアドバイスに対して「字数制限のあるESでは『だ・である』の方が短く書ける」という声をいただいたこともあります。かといって、その文章の内容が充実したものだったかどうかは(以下略^^;)
しかし一方、先日いただいた労協生(女性)の文章が『だ・である』体だったのに、これが非常にいい出来で感心したことも事実です。ジェンダー的には不適切な発言ですが、逆に男性が上手に「です・ます」体を使っていると印象的かもしれませんね。

大事なことは「内容」です。という身も蓋もないエントリーとなってしまいましたが、正直に告白しますと、このブログでわたくしが意識的に丁寧な言葉遣いを心がけているのも、いつか国連職員の春具(はる えれ)さんのように文章が書けたらいいな、という練習のためなのですよ実は。わっはっは。

(参照)
『広告業界就職フォーラム』挨拶専用ブログ: ES練習帳(3)「すごい」も「です」も名詞専用です。(本来は)
広告業界就職ノススメ。: 「おかしいです」は、おかしい「です」。
『広告業界就職フォーラム』挨拶専用ブログ: 模擬面接(1)大人は『ぼく』と言わない
『広告業界就職フォーラム』挨拶専用ブログ: ES練習帳(4)エントリーシートを最初に読む人は?
『広告業界就職フォーラム』挨拶専用ブログ: 「プラトンの洞窟」

| | Comments (0)

「右脳」の話を持ち出す人は、頭が悪い。(再)

何度も同じこと言わせるんじゃない。>AERA右脳と左脳を使い分ける 「転脳」で世界を2倍に広げる<お前が低脳(笑)

「悪い」というより、むしろ「無知」なだけかもしれません。実は結構、広告業界においても、この喩えが好きな人が多いんですね。困ったことに。

脳機能局在論 - Wikipedia から

脳機能局在論でよくある非科学的俗説として右脳・左脳論がある。これは左側が言語や論理的思考の中枢であり、右側が映像・音声的イメージや芸術的創造性を担うとし、例えば理屈っぽい人物は左脳優位、芸術肌の人物は右脳優位だとする説であるが、単純かつステレオタイプな解釈であり、そのほとんどは科学的な知見からかけ離れた通俗心理学に類するものであると批判されることが多い。

もう一つ引きます。右脳左脳はトンデモだったのか: ホットコーナーの舞台裏 (マイクル・クライトン著「恐怖の存在」(早川書房) 下巻P214-P215)から

「科学者に見かぎられてだいぶたってからも、延々と一般大衆に愛好される観念 がある。左脳・右脳の話などはその典型じゃ。1970年代に一世を風靡したろう?  きっかけはカルテックのスペリーが発表した研究じゃった。あのときスペリーは、特定のグループの脳を脳梁の切断手術を受けた患者の脳だけを研究対象としておった。スペリーの発見した結果は、この種の患者以外に適用でき るものではなかったんじゃ。じっさい、スペリー自身、この種の患者以外への適用を否定しておる。1980年代までには、左脳・右脳学説がまちがってい ることははっきりしておった。分割されていない脳において、左脳と右脳が独立して働くことはないんじゃよ。それなのに、世の中では、この観念はその後20年を経てなお滅んではおらん。世の連中は、いまなお、左脳と右脳説を騙 り、信じこみ、本に書いておる。科学者がまちがっているとして捨て去ってか ら、20年以上もたっているのにじゃ」

とどめは、人口知能、ロボット工学の世界的権威 金出武雄 曰く

計算と人間の感情はそもそも違うという証拠に、左脳と右脳をもち出す人がいる。これははっきりとわからないことを、わからないままにする論法の一つである。私に言わせれば、左脳、右脳というのは能力の局在、あるいは能力のカテゴリゼーション(範疇分け)にすぎない。情報処理の観点からすれば、何の差もない。

「大脳右半球は左半身の運動と知覚を、小脳右半球は右半身の巧遅運動を司っている」これは事実です。しかし「右脳を活性化させれば、イメージ力や感性が向上する」というの事実ではありませんし、「左手を使ったら右脳が発達する」ということが証明されたこともないのです。
「右脳的」「左脳的」という言葉を使う人は、そこで「感覚的」「論理的」と同義で使用している“だけ”で、脳の話を持ち出すことによって何となく説得力を増そうとしているに過ぎません。科学や医学を装って、信頼性を高めようという魂胆に自ら気づいていないというか“酔っている”だけだと思います。
「分からないことは、分からない」とするのが本来の科学のあり方であって

とんでもなく複雑な問題を解決するにあたって、ある仮説をきわめて粗雑に適用し、いかにももっともらしい説明をすることは、良く言えば知的怠慢ですし、悪く言えば恥ずべき無知なのではないでしょうか。(ガブリエル・ドーヴァー)

人間の脳という、宇宙のような存在を上記のように扱うことは実はまったく無意味なのです。もちろん最新の脳科学の発見には目覚ましいものもあります。たとえば「海馬」の研究においては、この俗説とは逆の結果さえ出ているのです。“「脳の中の宗教をつくる回路(神様を感じる場所)は、左半球の側頭葉にある」”

「脳からすべてがはじまる」なんて当たり前のことをしゃあしゃあと語る程度の低い学者が持て囃される時代はいつまで続くのでしょうね。

| | Comments (2)

こんなところに広告スペースが!(笑)

1300p

[画像のクリックで拡大表示]

フェラーリのホイールカバー、ずっと気になっていたんですよ。
やっとこの記事を読んで分かりました。

稼げるホイールカバー、F1優勝を支援 (浜田基彦の「走る 曲がる 止まる」):NBonline(日経ビジネス オンライン)から ※NBオンラインを読むには無料登録が必要です。

| | Comments (0)

ビールかけのシェア確定。

セ・リーグのクライマックスシリーズで、中日が2年連続で日本ハムが待つ日本シリーズ出場を決めましたね。パに続いてセも「クライマックス」を導入したことについての是非はひとまず置いておくとして、このことにより各リーグの優勝と日本シリーズ優勝後の計3回だった「ビールかけ」の回数が、2つ増えて5回になったことは大きな変化です。「ビールかけ」の是非も別として(笑)

プロ野球のチームが優勝したときのビールかけの銘柄はチームごとに決まっています。日本ハムはサッポロビール、巨人はサントリーというように。そして中日もサッポロなんですね。(北海道にも名古屋にも同社のビール工場があります)

日本シリーズは、ファイターズvsドラゴンズですから、どっちが優勝してもビールかけはサッポロビール。シェア80%ですねー
ご承知のようにビール業界の競争は厳しいものですが、広告業界にとってビール各社はそれぞれみな非常に重要なクライアントですから、同様に関係者はこんなことで一喜一憂するものなのですね。

(10/21追記)ビールかけも胴上げもなかったそうですね。「ことしのリーグを優勝したのは巨人」と落合監督。それはそれで高い見識でしょう。

| | Comments (0)

「メラビアンの法則」は俗説か?

結論から申しますと、(メラビアンの法則 - Wikipediaから)

この法則は「見た目が一番重要」あるいは「話の内容よりも喋り方のテクニックが重要」という解釈が有名になっている。就職活動の面接対策セミナー、自己啓発書、話し方教室などでこの解釈がよく用いられる。ただしこのような解釈はメラビアン本人が提唱したものとは違う「とんでも話」である。

らしいですよ。(まあ、Wikipediaを鵜呑みするのもまた危険ではありますが)
本件に関して「天使と悪魔のビジネス雑記帳: まだこんなこと言ってる『人は見た目が9割』」を読んでも、納得できる部分はありますね。

ところが。( 広告業界就職ノススメ。: 「役員=お父さん、人事=お母さん」論。から)

厳選された学生を前に最終判断を迫られる役員は、どのような視点で学生を見、選んでいくのでしょうか。それは、ひとこと、「印象」です。

確かに、先のエントリーでも「いかに短いチャンスでプレゼン出来るかが『勝負の分かれ目』なんですね」と書きました。では、プレゼンテーションで一番重要なことは何なのでしょうか? それは、ひとこと、「内容」です。

ご紹介したmb101boldさんのブログの、ある広告人の告白(あるいは愚痴かもね): プレゼンの時、声が震えて、心臓がバクバクして、汗が噴き出し、自分で何を話しているのかがわかんなくなって、会議室から逃げ出したくなることはありませんか。 というエントリーは必読でしょう。要点は、3つ。

1)慣れること。
2)大事なのは「内容」。
3)とことん考え抜いたという「自信」。

(2)について補足いたします。イギリスの格言に「紳士はハーフウィットでなければならない。観衆を爆笑させるのはコメディアンの仕事である」というのがあります。単に「受ければいい」と考えるのは大間違いなんですね。本来、「メラビアンの法則」を持ち出すまでもなく、短い時間でも分かる人には分かるのです。逆に言えば、「採用担当者は、自分より優秀な人を採用することはできない」という言葉もあるくらいです。

筆記やら面接やらの具体的なテクニック以前に、一番素直なあなたで会社と向き合ってほしい。そうすれば、自然にあなたと相思相愛になれる会社があなたを抱きとめてくれるんじゃないかと。(byカレーライス08さん)

というのは、まさにそういう意味だと思っています。

| | Comments (0)

「会ったそのときが一番あなたに興味があるとき」byとおりすがりの業界人

こんばんは。今まさにカフェテリアに常駐しながら書いています。(再編集済み)
タイトルの言葉は、新人さんを迎えたときの第一声でした。(2007/10/14-00:09
──貴重な会話が続いているので、そっちにすぐ戻ります──
08生自治会ブログにもあるように、

つまり、なんだかんだ言って、内定先の会社は僕に合ってたんだなあと。言い方を変えれば、相思相愛の関係になれる会社に結果的に落ち着いたのかなという感じがしています。
結論としては、平凡な結論になりますが、就活生の皆さんには「自然体」で就職活動を頑張ってほしいと思います。
筆記やら面接やらの具体的なテクニック以前に、一番素直なあなたで会社と向き合ってほしい。そうすれば、自然にあなたと相思相愛になれる会社があなたを抱きとめてくれるんじゃないかと。

わかりにくいかもれませんが、人は他人にものを頼むとき、その人の適性にあうかどうか考えていると思うのです。
就活も一緒で、人事や社員といった面接官が短い時間ではありますが、学生とコミュニケーションをとり、
そこの企業に合うかどうか、仕事を任せられるかどうかを見極めるものです。

※カレーライス08さんの「自然体」(上)と、sh*08さんの「人に決められる人生」(下)から

そうなんです。面接が始まる時期になると必ず皆さんはこう思うはずです。「たったこれっぽっちの時間で自分のことが分かるはずがない」と。でもね、それが分かるというか、それが「他の人から見たあなた自身で」であり、それをいかに短いチャンスでプレゼン出来るかが『勝負の分かれ目』なんですね。
まさにそのような理由で広告業界の選考では「面接」が最重要だとされているのだと思います。

| | Comments (0)

Tips:使えるGoogleドメイン内検索

先のエントリー、「このブログの使い方」とも関連しますが、本ブログにはブログパーツとして「検索窓」は現在置いていません。ですから、ブラウザに検索ツールバーとかタブブラウザを使っている方で、ブログ内の検索をしたい時には、Googleの「ドメイン内検索」をお使いください。Google: ヘルプ センターから(↓クリック)

Googlesite_6

たとえば、本ブロクで「ブランド」をドメイン内検索してみると、

Burando_2 16件です。

ところが、「(笑)」を検索すると、

Syou_2

84件! こりゃ明らかに使いすぎですね。気をつけましょう(笑)

ちなみにこの「(笑)」の使い方は、雑誌『文藝春秋』が座談会形式の特集を掲載したとき初めて使われたそうです。当初「(笑)」の後には「。」を付けなかったものですが、今や本家本元ですら「(笑)。」を使っています。以上、どうでもいい「豆知識」でした(笑)←ほらまた使った!

| | Comments (0)

「挨拶は人を変える」。相手ではなく、自分を変える。

www.さとなお.com(さなメモ): コンビニでの朝の挨拶http://www.satonao.com/archives/2007/10/post_2085.html

いいコラムだー! さすが、わたくしの最も尊敬する同期(のひとり)。まさにわたくしのニックネームのために書いてくれたような肝。そんなことはない(笑)

あ。クリエーティブの日常や・考えていること・興味関心があること、などがよく分かるwebサイトです。ブログが生まれるずっと前から続いている貴重なオンライン日記の一つでもあります。クリエーティブを目指す労協生は必読といっても過言ではありませんね。

| | Comments (0)