08生自治会リレーBLOG

「会ったそのときが一番あなたに興味があるとき」byとおりすがりの業界人

こんばんは。今まさにカフェテリアに常駐しながら書いています。(再編集済み)
タイトルの言葉は、新人さんを迎えたときの第一声でした。(2007/10/14-00:09
──貴重な会話が続いているので、そっちにすぐ戻ります──
08生自治会ブログにもあるように、

つまり、なんだかんだ言って、内定先の会社は僕に合ってたんだなあと。言い方を変えれば、相思相愛の関係になれる会社に結果的に落ち着いたのかなという感じがしています。
結論としては、平凡な結論になりますが、就活生の皆さんには「自然体」で就職活動を頑張ってほしいと思います。
筆記やら面接やらの具体的なテクニック以前に、一番素直なあなたで会社と向き合ってほしい。そうすれば、自然にあなたと相思相愛になれる会社があなたを抱きとめてくれるんじゃないかと。

わかりにくいかもれませんが、人は他人にものを頼むとき、その人の適性にあうかどうか考えていると思うのです。
就活も一緒で、人事や社員といった面接官が短い時間ではありますが、学生とコミュニケーションをとり、
そこの企業に合うかどうか、仕事を任せられるかどうかを見極めるものです。

※カレーライス08さんの「自然体」(上)と、sh*08さんの「人に決められる人生」(下)から

そうなんです。面接が始まる時期になると必ず皆さんはこう思うはずです。「たったこれっぽっちの時間で自分のことが分かるはずがない」と。でもね、それが分かるというか、それが「他の人から見たあなた自身で」であり、それをいかに短いチャンスでプレゼン出来るかが『勝負の分かれ目』なんですね。
まさにそのような理由で広告業界の選考では「面接」が最重要だとされているのだと思います。

| | Comments (0)

08生主催イベント第1弾!!就活準備プラン【関東】(コピペ)

広告業界就職フォーラム自治会掲示版 No.1790から


08生主催イベント第1弾!!就活準備プラン【関東】  / shinjo08@関東自治会長

日程:10月5日金曜日19時30分から
場所:未定(人数少なければ労協事務所)

内容:就職活動の実際・現実について08生が語り、09生の質問   に答える感じでやるつもりです。

就職活動は噂や都市伝説が横行するので、実際どうゆうものかを聞けるのは心強いのではないでしょうか?
さらに自分だったらこういうことを聞きたかったなあと思って考えました。

参加費:少人数の場合、飲みながらフランクにということも考えていますので、1000円ほど飲食費としてかかるかもしれません。詳細は後日追記します。
09生のみなさんどんどん参加お待ちしています。
参加したい方は労協サイトにて一般登録をして、shinjo08までメールを下さい。
参加して後悔しないイベントにしたいと思っております。


☆ Re: 08生主催イベント第1弾!!就活準備プラン【関東】  / shinjo08@関東自治会長

参加希望者は、
 ●氏名
 ●HN   (例:shinjo08)
  ●大学
 ●連絡先 (tel & E-mail )

をメールにてshinjo08まで送ってください。

yuuki_k721@yahoo.co.jp


イベントまで時間はたっぷりあるので、ぜひその前にカフェテリアに参加してみてください。(先輩がたくさんいますので)
たくさんの方の参加お待ちしています。

※08生、先輩方で参加の方はmixiのGBのイベントトピにてお願いします。

| | Comments (0)

自己分析は何のため?

08生自治会リレーBLOGで、aya08さんが非常にいいこと書いてます。
『自己分析って何?』から、

就職活動において、自己分析がなぜ必要なのか。
それは、就職活動では相手に自分を伝えなくてはならないからです。
そして、そのためには言語化する必要があるからです。

要するに、「あんた誰?」と聞かれているわけです。そういった場面で、「自己PRでストーリーを語るのは無理がある」のですね。わたくしが「自己PRは短いほうがいい」と書いているのも同じような意味です。そのための自己分析であるべきなのです。

そして、「あんた誰?」の次に聞かれることは、「何がしたいの? 何になりたいの? どうしてそう考えるようになったの?」(志望動機)であり、その裏づけとして締めくくりに「何が出来るの? どれくらい強く思っているの?」(プレゼンテーション)ができればOK牧場(古い!)というものです。

もう一度言います。面接においては、
(1)「採用面接の全てが自己PR」だと言ってもいい。
(2)そのために必要なのが、『相手に自分を伝える─言語化─自己分析』と
(3)『意欲のプレゼンテーション』なのだと考えています。

| | Comments (0)