« October 11, 2006 | Main | October 14, 2006 »

ES練習(2)エントリーシートは期末試験ではない

それでは先ず、とおりすがりの業界人の名作の一つ「エントリーシートは、期末試験ではない。」を再掲(リンクではなく全文)いたします。最後まで読むといいことがありますよ。

2004.03.04

エントリーシートは、期末試験ではない。

私にはひとつ気になっていることがあります。もうすぐエントリーシートの提出期限が一斉にやってくる時期になっており、「エントリーシート書いた?」というノリの話がよく聞かれます。これは、「期末試験対策した?」「やっべー、まだだよー」という会話と同様のレベルの感じがしてなりません。

内定する、ということは、役員面接で通過することです。

途中で何回エントリーシートや筆記や面接を通過しようと、役員面接で落選すればなんら意味はありません。過去のコラムに書いた通り役員面接は特殊な位置付けだとしたら、役員面接に送り込む学生を採用当局が絞り込む「役員面接前面接」が、極めて重要な位置付けとなります。しかも選考はすべての過程が1、2カ月程度で終わる、急なスケジュールになっています。

はっきりいいましょう。広告業界では採用倍率から考えても、エントリーシートで「かつかつ受かる」レベルの人が内定することはありません。じゃんけんに4回連続で勝てば内定、という訳にはいかないのです。

SPIのような筆記試験は別にすれば、広告業界の採用試験のすべてのフェーズは、同じ「コミュニケーション力」という競技です。甲子園で本気で優勝を目指すチームは、地区予選の初戦突破に特別な対策を練ることはありません。手を抜く事なく、優勝するための練習を生かし、普段どおりの試合をするだけです。

人事幹部や役員との面接の場で、どう自分が会社に貢献できるかを説得し、相手に納得してもらうかを、徹底的に追求する。これだけが、内定し、それだ けでなく実際に仕事で活躍するために、あなたがしなけらばならないことです。徹底的に考え、自分なりの結論を得たのなら、エントリーシートはその一部分と して必ず簡単に書けます。

広告業界は常に「競合プレゼン」に晒されており、「完勝」を目指して全スタッフがそれぞれのパートで全力を挙げます。一度でもベストを尽くしたことのない人には、絶対に通用しない業界です。

内定を手にする学生は、大学の試験でいえば「全優」を狙うレベルで努力している人と言えるでしょう。単位は試験対策程度で取れるでしょうが、内定はエントリーシート対策程度では遠く及ばないのです。

普段の試験対策の「ノリ」でエントリーシートに取り組んでいる学生の方がいれば、まず、心構えから考え直してみてください。今なら、まだ間に合うかもしれません。

※このコラムは、地方の就活生に贈ります。中途半端にエントリーシートに通っても、最後まで駆け抜ける力がなければ、途中の莫大な移動費用が無駄になります。役員面接まで一気に内定するつもりで、十分自己革新して臨んで下さい。

|

 

と厳しいことが書かれていますが、そうはいっても「ES見てください」という気持ちを多くの労協生諸君がお持ちのことでしょう。わかりました! わたくしが引き受けましょう。ただし条件がいくつかあります。

1)「就職フォーラム」への参加申し込みをするか、もしくは「一般登録」をしていただくこと。
2)同じく、とおり氏の「エントリーシートアドバイス集」を熟読すること。
3)コレも読んでおいたほうがいいでしょうね。

そのうえで、わたくし宛にword添付でお送りください。1週間以内にアドバイスを返信いたします。おまちしていまーす。

| | Comments (0)

リンク集(2)CM 好感度 ORICONランキング

『ORICON STYLE』という
http://www.oricon.co.jp/
サイト内に「TV・視聴率ランキング」というメニューがあります。
さらにその中の「CM好感度(高校生/F1・F2層)*」というページが
http://www.oricon.co.jp/ranking/cmk/f/
↑こちらです。(F1・F2層)*

制作会社までは載っていませんが、どのCMが人気があるのか
ということは分かりますね。ご参考まで。

*F1とはもちろんフォーミュラ1のことではありませんよ。(ご参照

| | Comments (0)

« October 11, 2006 | Main | October 14, 2006 »