« オススメ本(7)『続・アメリカの心』 | Main | リンク集(7)「がんばれ!広告業界就職活動学生 ~08年度新卒へ~」 »

マメ知識(7)ボージョレ・ヌーボー、11/16解禁。

いよいよ今週の木曜日が解禁日ですね。

ウィキペディアから

ボジョレー(Beaujolais; ボジョレ、ボージョレ)は、フランス南東部、リヨンの北に位置するワインの産地であり、しばしばこの地のワインそのものを指す。フランス革命以前のボジョレーは単独の州であった。

「ボジョレー」と名乗ることのできるワインは、赤ワインであればガメ(又はガメイ、gamay)種を使用したものに限られ、これらは法律によって定められている。

ということになっていますが、面白いのはこの表記が実に様々なことです。早速調べてみました。

サッポロビール=ボージョレ・ヌーボー
http://www.sapporobeer.jp/wine/knowledge/beaujolais_nouveau/index.html

サントリー=ボジョレー ヌーヴォー
http://www.suntory.co.jp/wine/special/kaikin06/index.html

キリンビール=ボージョレ ヌーヴォー
http://www.kirin.co.jp/brands/sw/pierreandre/nouveau.html

アサヒビール=ボージョレ・ヌーヴォ
http://www.asahibeer.co.jp/enjoy/wine/beaujolais/index.html

とビール4社でも違いがありますし、

メルシャン=ボージョレ・ヌーヴォー
http://www.mercian.co.jp/mstyle/20061016/campaign.html

セブン-イレブン=ボージョレ・(ヴィラージュ・)ヌーヴォー
http://www.sej.co.jp/shohin/beaujolais06.html

この2つは同じ(厳密には違う)ようですが、上の4つとも違いますね。

そのほか、

ローソンとampmとサークルKサンクスとデイリーヤマザキが、サントリーと同じ「ボジョレー ヌーヴォー」。

ファミリーマートとミニストップとスリーエフは、「ボジョレー・ヌーヴォー」。これだけで6種類あることになります。

つまり「ボージョレ」or「ボジョレー」×「・(中黒)」or「半角空き」×「ヌーボー」or「ヌーヴォー」or「ヌーヴォ」、ですから可能性としては計12種の組合せがあるのです。

ささいな違いだと思われるかも知れませんが、実はこれが極めて重要なポイントなのです。つまり仮にサントリーの担当者が「ボージョレ・ヌーボー」と言ったり書いたりしてはいけませんし、そもそも広告原稿だったら「誤植」となってしまします。

ブランドうんぬん 難しいことを言う以前に、「名前」こそが アイデンティティなのです。たとえば「栗田さん」のことを「粟田さん」と言ってしまったら間違いなく気分を害しますよね。「木原(きはら)」さんに「きばらさん」と呼びかけたら応えてくらないかも知れないのです。

わたくしが細かい表記こだわるのはそういった根拠があるからです。このディテールを重要視しない(できない)人は広告(マーティング)業界に向いていない、と言わざるを得ません。

本エントリーのタイトルを「ボージョレ・ヌーボー」としたのは、わたくしが営業時代に担当していたクライアントの表記が「ボージョレ・ヌーボー」だからです(笑)

(追記)
マンズワイン(キッコーマン)が抜けていました。
http://www.kikkoman.co.jp/news/06024.html
「ボージョレー・ヌーヴォー」ですね。
これも新パターンです。

新聞各社の表記もいくつか調べてみました。
毎日・日経・産経は「ボージョレ・ヌーボー」です。
業界紙の日本食糧新聞が「ボージョレー・ヌーボー」でした。
また新たに分かったら書きます。

|

« オススメ本(7)『続・アメリカの心』 | Main | リンク集(7)「がんばれ!広告業界就職活動学生 ~08年度新卒へ~」 »

マメ知識」カテゴリの記事

Comments

16日、夕刊フジWebサイトZAKZAKにて

<国内輸入最大手のサントリーが主催する「2006 ボージョレ・ヌーボーの解禁を楽しむ会」が開かれた。

http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_11/g2006111615.html

とありますが、
サントリーであれば、「ボジョレー ヌーヴォー」のはず。
ちなみに、サンケイスポーツのサイトでは「2006ボジョレーヌーヴォーの解禁を楽しむ会」となっています。


Posted by: さっくー05 | 2006.11.17 at 12:33 AM

追記

本日、元新聞記者の方とお話しする機会がありましたので、横文字を利用する際のルールを伺いました。
横文字を使う場合、
・商標登録されているものはその言葉を採用。
・その他は、まずは記者の判断、時期を見て新聞社独自で決定する。

つまり、一般的な用語となる前は同じ新聞内でもバラバラ。そして、一般的用語と決定した後は統一する。との事でした。

Posted by: さっくー05 | 2006.11.17 at 01:10 AM

さっくーさん、ども。コメントありがとうございます。
追記もあわせて読むと、結構バラバラなんですね。
この件に関して、「とおりすがりの業界人」氏が、いいこと言ってましたので紹介します。

・広告表現で、名前を間違わないようにするのは、広告(制作)会社の義務。
・マスコミで取り上げられる際に、正しく表記してもらうよう働きかけるのが、PR会社の使命。

見事な定義だと思います。ではまた。

Posted by: 挨拶専用85 | 2006.11.17 at 12:39 PM

追記

昨日の「キリン、メルシャン買収」でまた凄いことに。
http://www.asahi.com/business/reuters/RTR200611170001.html
来年の表記が楽しみですね。

Posted by: 挨拶専用85 | 2006.11.17 at 12:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« オススメ本(7)『続・アメリカの心』 | Main | リンク集(7)「がんばれ!広告業界就職活動学生 ~08年度新卒へ~」 »