« 模擬面接(9)志望職種は営業です、と言うことについて。 | Main | ◇広告業界就職フォーラム2008(大阪1/28、東京2/4)参加受付開始! »

ES練習帳(9)意欲のプレゼンテーション。

模擬面接(9)志望職種は営業です、と言うことについて。のつづき。
営業といっても色々あって、広告の営業は「BtoB」のルート営業だから接客業のそれとは違う、と書きました。補足いたしますと、自社の製品しか売らないメーカーの営業とも、完全に「BtoB」として完結する商社の営業とも違います。「広告(クリエーティブ+メディア)」という手段で、消費者・生活者に直接訴えるわけですから。

ES練習帳(8)クリエーティブ志望と、クリエーティブ志向は違う。で申し上げたかったことは「広告が好きです」という気持ちはクリエーティブであれ、営業であれ同じくらい大切です、ということでしたが、そうすると必ずESにこう書いてくる人がいます。

「広告を好きな気持ちは誰にも負けません」

だから「広告制作の仕事をしたい」し「それに関わり、プロデュースする」営業になりたいのだ、と。最近わたくしのマイミクさんの日記に気になる言葉がありました。彼女は労協生として広告業界も目指していたのですが、最終的に音楽の世界で働いています。その彼女がこう書いていました。

さっきmusicman-netを見てたら、インタビューで、 “よく面接で「音楽が好きな気持ちは、誰にも負けません!」って発言する人が多い。 これは、禁句ではないでしょうか?” って書いてあった。
私も非常にそう思います。 いや、確かに好きってことは大事やと思うねんけど、 それって面接で言うことか? と思う。 しかも相手は学生より何十倍も音楽きいて、 仕事してる人たちやのに!!

さらに、コメントがついて。

同感やね~。説明会で学生さんに志望動機聞かせてもらったら、 みんな「好きやから」しか言わないもんね~。なんでやろ?  面接官は「好き」なのはあたりまえで、 そんなの前提で質問してるのにね。

さあ、困りましたねえ(笑)
こんなときには、どうしたらいいんでしょうか。もういちど出発点に戻ってよく考えてみましょう。

がんばれ!広告業界就職活動学生 ~08年度新卒へ~ たいせつなもの で、まよなか07さんが凄くいいことを書いています。ぜひ読んでください。もちろん、そこの模範解答が書いてあるわけではありません。社会に「正解」はない。のです。あなたが死ぬほど本気で考えた先に「あなただけの答え」がきっとあるはずです。

|

« 模擬面接(9)志望職種は営業です、と言うことについて。 | Main | ◇広告業界就職フォーラム2008(大阪1/28、東京2/4)参加受付開始! »

ES練習帳」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 模擬面接(9)志望職種は営業です、と言うことについて。 | Main | ◇広告業界就職フォーラム2008(大阪1/28、東京2/4)参加受付開始! »