« 1/28「広告業界就職フォーラム2008(クレオ大阪東)」に『広告業界就職ノススメ。』著者も参加決定(コピペ) | Main | ラジオ災害情報交差点 »

ウォシュレットから語るブランド論

表記にうるさいと言えば、先日広告労協の新年会が開かれまして、今年初めて築地の労協事務所に行ったところ、なんとトイレに温水洗浄便座(三洋電機製)がついていました。聞けば電通労働組合からの事務所転居お祝いだということです。(電通労組さん、ありがとうございました!)

ここで本題です。勘の良い読者の皆さんならわたくしの言いたいことはもうお分かりでしょう。そうです、この製品のことを「ウォシュレット」と呼ぶのは正確ではない、ということです。ちなみにSANYO製の温水洗浄便座のブランド名は「ki・re・i」というらしいのですが、あまり聞きませんね。

ただ、もしあなたが広告会社に入って、松下電器の担当営業になってナショナルの商品担当になったとして、仮に「御社のウォシュレットの新製品についてですが……」と言ったら、即「出入り禁止」になるでしょう(笑)

松下電器製の温水洗浄便座の名称は「ビューティ・トワレ」と言います。INAXだったら「シャワートイレ」ですね。 このように、固有名詞と一般名詞の違いは極めて重要です。以前のエントリーで紹介した本に関して書いたとおり、広告業界において「ブランド」をうんぬんする前に、社名や商品名を間違えることは致命的です。クライアントのブランドを世の中に広めるための仕事をしているんですから。

ウォシュレットに関していえば、ウォシュレット - Wikipediaに、

温水洗浄便座では高いシェアを誇り、INAX(同社の名称は「シャワートイレ」)や他社製の同種のものも含め、ウォシュレットと呼ばれるほど、名称も定着している。

と書かれていて、これはこれでブランド認知の一つの究極の目標だと言えるでしょう。あなたは、一般名称にまでなった固有名詞(ブランド)をいくつ挙げられますか?

|

« 1/28「広告業界就職フォーラム2008(クレオ大阪東)」に『広告業界就職ノススメ。』著者も参加決定(コピペ) | Main | ラジオ災害情報交差点 »

007-001」カテゴリの記事

オススメ本」カテゴリの記事

模擬面接」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1/28「広告業界就職フォーラム2008(クレオ大阪東)」に『広告業界就職ノススメ。』著者も参加決定(コピペ) | Main | ラジオ災害情報交差点 »