« February 17, 2007 | Main | February 20, 2007 »

「役に立つ」ということ。

広告業界就職ノススメ。(同名書籍にも収録): 機関車トーマスの価値観。 から

どんな話をしようと、どんな質問に答えようと、その内容は「自分は役に立つ人物である」ことをアピールできるものになっているべきだと思います。自分がその会社にどのように貢献できるか、具体的なイメージを相手に沸かせることが大事です。

なかなか、これが難しいのですが。しかし、こう考えてみるといかがでしょうか。
思い込みを捨てれば楽に生きられる (宋文洲の傍目八目):NBonline(要無料登録) から

詩人李白は「天生我才必有用」という不朽の名句を残しました。「天が私を生んでくれた以上、必ず世の中の何らかの役に立つためである」という意味です。ここの「天」は神であり、当人の意思によらない運命です。愛情、友情、金銭、政治などの挫折を受け入れながら、なお人生を前向きに捉え、運命と楽観的につき合う詩人だからこそ発せる名句です。

広告業界には様々な会社があり、職種があります。だからこそ、それを知ることで「具体的なイメージ」が自然に生まれてくるのではないでしょうか。そのためには、(1)自分自身を知ること。(2)各広告会社を研究すること。が必要であることはいうまでもありません。(1)はともかく、(2)に関しては広告労協Fさんの献身的な(まさに救世主のようなw)活動が日々リリースされていますから、何度も繰り返し書いていますが『広告業界就職フォーラム2010』最新情報 をチェックするようにしてください。

| | Comments (0)

« February 17, 2007 | Main | February 20, 2007 »