« 志望動機と、“きっかけ”は違う。(再) | Main | 3/4(日)『PR業界就職フォーラム2008』開催決定。(コピペ) »

タイプ分け

ご無沙汰しております 挨拶専用85です。
今回は、いわゆる「自己分析」でお悩みの方に、参考になるサイトをご紹介したいと思います。

Test_1

行動と捉え方のタイプを知るための「タイプ分け」というテストです。臨床心理学、組織行動学などをベースに、人のコミュニケーションスタイル、パターンを4タイプに分類したもので、現在のあなたがどのタイプに当てはまるか診断してくれます。

日本で始めて本格的に「コーチ・トレーニング・プログラム」を手がけた会社のサイトですから、よくある「YES or NO」だけで適当に分けるスゴロク式のものとは違います。

「コーチング」とは、野球に喩えるとこんな感じ(ここからはコーチの受け売り)です。

グランドで練習をしていて、内野手がゴロを捕りそこなった時……
「こら! もっとボールをよく見ろ!」というのが“ティーチング”
これに対して「どうして捕れなかったと思う」と聞いて「いや、ボールの回転でバウンドが予測と変わったからです」と応える選手に「いいかー、打球というのはなぁ。高い球と低い球を打った時はボールの回転が違うんだよ……」 と言うのが“コーチング”です。(ものすごく単純化してます)

要は、どっちの方が(結果的に)「よく球を見る」ようになるか、ってことですね。

話を「タイプ分け」に戻しますと。どのタイプが優れていてどれかが劣っている、ということではありませんし、どのタイプが広告業界に向いているということもありません。なぜなら広告業界には「いろんなタイプの人間が必要だから」です。
ですが、業界研究を深めた人なら「どのタイプが、どの職種に合うか」ということが分かってくるはずです。その意味でも役立つテストだと思います。あなたは何タイプでしたか?

 ちなみにわたくしは、プロモーターでした。
  コントローラー:18
  アナライザー :12
  プロモーター :32
  サポーター  :19

これはあくまでも、現時点での分析です。むしろ大切なのは、こうありたいこうなりたい、という意志かもしれません。

|

« 志望動機と、“きっかけ”は違う。(再) | Main | 3/4(日)『PR業界就職フォーラム2008』開催決定。(コピペ) »

007-002」カテゴリの記事

マメ知識」カテゴリの記事

リンク集」カテゴリの記事

ES練習帳」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 志望動機と、“きっかけ”は違う。(再) | Main | 3/4(日)『PR業界就職フォーラム2008』開催決定。(コピペ) »