« 稽古は大根役者と思え。幕が上がれば千両役者と思え | Main | 『けなす技術』──広告は『褒める技術』──。ジャーナリズム+広告=マスコミ »

Dentsu’s 10 Working Guidelines

GIGAZINEに、電通鬼十則(でんつうおにじっそく)のエントリーがありましたので、ついコメント。英語版があるのはご存知でしたか?

1.Initiate projects on your own instead of waiting for work to be assigned.

2.Take an active role in all your endeavors, not a passive one.

3.Search for large and complex challenges.

4.Welcome difficult assignments. Progress lies in accomplishing difficult work.

5.Once you begin a task, complete it. Never give up.

6.Lead and set an example for your fellow workers.

7.Set goals for yourself to ensure a constant sense of purpose.

8.Move with confidence. It gives your work force and substance.

9.At all times, challenge yourself to think creatively and find new solutions.

10.When confrontation is necessary, don’t shy away from it. Confrontation is often necessary to achieve progress. 

わたくしは、(9)がいちばん好きですね。というか、これが自分に欠けているところだと思うので。そもそも「スローガン」というのは、自分を叱咤激励するためにあるもので、最初からできるなら唱える必要なんて全くないわけです。これは持論ですが第四代吉田社長は決してスーパーマンではなくて「自分に厳しい人」であったと思うのです。10個軽がると行える人は言葉にしたりしないはずです。人間の弱いところをあえて表現するとこうなる、ということなのでしょう。

ですから、裏なんとかに思わず頷いてしまうというのも当たり前の話で、面白くも何ともない。望さんには悪いけれど(笑) 同時に、このコトバを残したときに「一生の恥」であると謙遜し、社員に押し付けることは決してなかったという吉田秀雄氏の人柄に感動するわけです。これを金科玉条のように崇めるのは彼の本意ではないと、わたくしは思うのです。

むしろ今回GIGAZINEが改めて紹介してくれた「責任三カ条」こそコミュニケーションの真髄だと思います。特に(1)が。

1. 命令・復命・連絡・報告は、その結果を確認しその効果を把握するまではこれをなした者の責任である。その限度内に於ける責任は断じて回避出来ない

わたくしが当ブログで最初に引いた大野晋さんの言葉

「自分の思うところをaと表現したとき、相手がa’と取ったとしたら、分からない表現をした自分が悪い。相手がaと取れるように、aとしか取れないような形式を選び出して表現することを心がけなくてはならない。言葉とは天然自然に通じるものではなくて、相手に分かってもらえるように努力して表現し、相手をよく理解できるようにと努力して読み、あるいは聞く。そういう行為が言語なのだと私は考えています」

コミュニケーションにとっていちばん大切なのは「謙虚さ」、そして「努力」。なんと深い言葉でしょうか。だからこそ難しいし、面白いし、通じ合ったときの醍醐味にやりがいを感じるのです。

|

« 稽古は大根役者と思え。幕が上がれば千両役者と思え | Main | 『けなす技術』──広告は『褒める技術』──。ジャーナリズム+広告=マスコミ »

007-003」カテゴリの記事

マメ知識」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 稽古は大根役者と思え。幕が上がれば千両役者と思え | Main | 『けなす技術』──広告は『褒める技術』──。ジャーナリズム+広告=マスコミ »