« August 14, 2007 | Main | August 16, 2007 »

昭和の広告展[ I ]アド・ミュージアム東京で開催中

暑い日が続きますね。海やプールもいいですけれど、冷房の効いたミュージアムでひと時過ごすというのも悪くありませんよ。

広告とマーケティングの資料館「アド・ミュージアム東京」webサイトから

アド・ミュージアム東京が、“江戸期の広告展”から開催してきた特別企画展・歴史シリーズの第4弾。60年余にわたる激動の昭和を、戦前・戦後の2期に分け、今回はそのパートⅠとして主に戦前を中心に取り上げます。

常設展示もあります。休館日は日曜と月曜、入場無料です。

62年前の今日、戦争終結を告げる昭和天皇の玉音放送を聞き終えると、「これからだ」と叫んだ男がいた──。そう、電通第4代社長の吉田秀雄(当時は常務)ですね(ご参照)。今回の企画展示でも、

昭和12(1937)年の日中戦争を契機に日本国内では次第に戦時色が強まり、わが国は国民総動員体制へと突入しました。その後、統制経済が進み自由な商業活動は抑制されると、広告は冬の時代を迎えます。(ご参照

とあり、化粧品会社の「いくら感じがよくっても、使いすぎない様に!」というコピーや、電気会社の「活かせ廃球(キレタタマ)─廃球も立派な資材だ─」とか「兵器の血液 活かして使へ 石油」などどいうポスターに驚かされます。やはり広告というものは、世の中が平和であってこそ機能し、貢献するものなんだなあ、としみじみ思いました。

※余談です。この戦時統制下の広告のトーンというのは何だか現代一連の「環境広告」にちょっと似ているような気もしました。たまたま今、こんな本を読んでいるせいかもしれませんが(笑)

しかし、昭和という時代も遠くなりましたねえ。いまの大学1年生で早生まれの方は「平成」生まれですからね! (aboutの写真を更新しました。平成2年頃の筆者です。周りはクライアントの方とスタッフの皆さん)

| | Comments (0)

エントリーシートに模範解答はない。

では『──ススメ。』つながりでもう1つ。

名作「エントリーシートは、期末試験ではない。」というコラムはあまりにも有名ですが、
ここの部分──

人事幹部や役員との面接の場で、どう自分が会社に貢献できるかを説得し、相手に納得してもらうかを、徹底的に追求する。これだけが、内定し、それだけでな く実際に仕事で活躍するために、あなたがしなけらばならないことです。徹底的に考え、自分なりの結論を得たのなら、エントリーシートはその一部分として必 ず簡単に書けます。

と、言われてもそう簡単には書けませんよね~w
しかし、さすがはとおりさん、ちゃんとアドバイスもしてくれています。

「添削」と、「ダメ出し」。から

ESで大事なことは「何を言うか」と「どう言うか」です。これは広告業界の重要な機能であるマーケティング(what to say)とクリエーティブ(how to say)を自分自身で一気通貫してみる疑似体験だと言えます。

とここまで書いてくれているのに、なかなかESを送ってない労協生の積極性の低さに失望したことは少なくありません。本ブログの左側「About」から「メールアドレス: メール送信」で簡単に送れますし、フォーラムや模擬面接でもせっかく名刺を渡してもメールがくることはそう多くないし、チャットやmixiでも「メールしてもいいですか」「マイミク申請してもいいですか?」といちいち聞いてくる。   

   いいって、言って(書いて)るやんけ(笑)

そもそも、そういった積極性や(あるイミでの)ずうずうしさはゼッタイにこの業界には必要です。もちろん社会人や年上の者に対する礼儀を欠いてはいけませんが。

では何故「エントリーシートに模範解答はない」かというと、それはもちろん上記にあるように、「何を言うか」とは「あなた自身」のことを書かなければならないからです。あなたは世界に一人しかいませんよね? 「どう言うか」については、何度も推敲し、誰が読んでも分かるように何度でも書き直すことです。拙ブログ「ES練習帳(4)エントリーシートを最初に読む人は?」も参照してくださいね。ではまた。

| | Comments (0)

« August 14, 2007 | Main | August 16, 2007 »