« 「はてなアンテナ」を知っていますか? | Main | ラジオ災害情報交差点(再掲) »

あなたの苗字は何番目?

常々申し上げていることですが、固有名詞とくに名前は極めて重要です。そもそも「広告」というものが「振り向かせる」=「多様な選択肢の中から、たった一つに注目し、覚えてもらい、買ってもらう」ことを目的としているのですから。差別化をするための第一歩が「名前」=「ブランド」と言ってもいいでしょう。

考えて見てください。自分の名前を間違えられたときほど不愉快なことはありませんよね? わたくしの姓は「△原(△ハラ)」と読みますが、たまにこれを「△バラさん」と呼ぶ人がいて困った(嫌な気がした)ことがあります。

もうひとつ、ESや面接において先ず重要なことは「相手に覚えてもらう」「印象に残す」ということです。何といってもライバルは多いのですから。ここで間違えやすいのは、選挙演説と違って連呼型のPRはマイナスだということです。相手は既にあなたに注目しています。無関心な浮動層に訴える選挙候補者とは違います。

その意味で、珍しい名前や読み方というのは逆に「チャンス」だと言えるかもしれません。実際08生で非常に珍しい苗字の労協生がいて、自己PRのネタとして使ってみたら? とアドヴァイスしたことがあります。そのときのポイントは由緒正しい姓であり、その希少性をアピールすること。さらにメディアと関係がある部首があったので、読み方と合わせて上手く説明するヒントを教えてあげました。

さらにヒントを言えば、すごくシンプルな姓(田中さんとか、鈴木さんとか)でも、下の名前の由来とか読みとかを(ちゃんと親に確認するようにネ)絡めていうと意外と印象に残るものです。例えば「二郎と言う名ですが次男ではありません」とか「5人兄弟の五男なので五郎です(笑)」なんとなく、背景に「家族」が感じられたりして、楽しいじゃありませんか。

日本の苗字7000傑というサイトがあります。 

日本の苗字の数は、いったいどのくらいあるのだろうか?   平成九年(1997年)発行の「日本苗字大辞典」によれば291,129件とされている。  また、苗字は数え方によっても異なる。 読み方の異なるものをそれぞれ1件とする場合、 字体の異なり(斎藤、斉藤、齊藤、齋藤)をそれぞれ1件とする数え方などがある。  約30万件近い苗字だが、7000傑の苗字で全人口の約96%強をカバーしている。───→  自家の苗字は稀有なものと思われるむきが多いが、意外と多くの同苗字の人口がある。

ぜひ、ご参考に。(これを皆が真似すると困りますがw)
あと3つ、大事なことを述べておきます。

1)まず、名乗る。 この重要性は言葉に尽くせません。

2)名前と日付のない文書は、ただのメモ。

3)人の名前を(で)バカにしてはいけません。

これは説明が必要でしょう。すごく具体的で申し訳ないのですが、例えば「御手洗(みたらい)さん:ちなみに大分県に多い姓です」という方に対して「便所君」と呼びかけるのは、失礼極まりない言い方ですよね。何故なら、それは努力とか成長によって変えることのできないことだからです。個人の尊厳とは「人はそれぞれ努力することによって成長し、社会全体にとって貢献できる可能性がある存在だ」という近代民主主義が勝ち取ってきた原理原則のことです。

差別というのは、個人の努力や成長によっても変えられない事実。男であるとか女であるとか、白人だとか黒人だとか、生まれた地域の特性とか、本人が選択の余地のないことを持って、その個人の可能性を排除するところにあるのです。

ファンタジーにおいても「真の名」とか「名付け」ということが、物語の重要なテーマになっていることも同じ理由なんですね。自分の「真の名」は(たとえ同姓同名であっても)名付けた人の思いとか、その血族が引き継いできた運命とかを含めて「ユニーク=この世の中でたった一つ」のものだからです。

もっとも、netにおけるニックネームというのは自分で付けられる(作家のペンネームと同様に)貴重な機会です。09生におかれましても、HN命名というのはそのクリエーティビティを発揮する最初のチャンスだと思いますよ。くれぐれも後悔しないような名付けを期待しています~

 

|

« 「はてなアンテナ」を知っていますか? | Main | ラジオ災害情報交差点(再掲) »

00708」カテゴリの記事

ブログ『広告業界就職ノスススメ。』再放送」カテゴリの記事

リンク集」カテゴリの記事

模擬面接」カテゴリの記事

ES練習帳」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「はてなアンテナ」を知っていますか? | Main | ラジオ災害情報交差点(再掲) »