« お笑い「外資系広告代理店」入門 | Main | ガクトの長セリフ »

プレゼン初心者が覚えておくべき3つのポイント

スライドショーを使ったプレゼンのアドバイス自体が参考になるわけではありませんが、就活というのはある種、究極の「自分自身のプレゼンテーション」と言えるでしょう。では行きます! Life is beautiful: プレゼン初心者が覚えておくべき3つのポイントから

プレゼンの初心者にありがちな失敗は、

・自分の未熟なプレゼンのテクニックを気にしすぎてあがってしまう
・情報は多い方が良いと勘違いして、スライドをたくさんの文字で埋め尽くしてしまう
・その結果、観客に話しかけるのではなく、観客に背中を見せてスライドを読んでしまう
・結局何が言いたいのか全く伝わって来ない

など。今日はそんな人に覚えてほしい三つのポイント。

1. 観客は「未熟なプレゼン」には寛大だが、「何を伝えたいのか分からないプレゼン」には厳しい

 「自分はプレゼンが不得意」と思い込んでいる(もしくは悩んでいる)人はたくさんいると思うが、そんな人がまず覚えておくべきことは、観客が「未 熟なプレゼン」にはけっこう寛大であること。小中学生ならいざしらず、社会に出てから「プレゼンターの未熟さ」笑う人はまずいないので、心配しなくても良 い。逆に、観客が許してくれないのは「何を伝えたいのかが分からないプレゼン」。ここだけは、絶対にはずしてはならない。

 

2. 「自分が伝いたいポイント」を意識して、それを伝えることにだけ注力する

 それを防止するためには、プレゼンの準備をする前に、まずは「自分が伝えたいポイント(できれば1つ、多くても3つ)」をはっきりと決め、「絶対にそのポイントだけは伝える」ようにスライドを作ること。基本としては、

・冒頭のスライド一枚にそのポイントをまとめておき、「これが今日私が伝えたいことです」と宣言する
・そして、その伝えたいポイントを何枚かのスライドを使って丁寧に説明する
・最後に、「今日、私が言いたかったポイントはこれです」とまとめのスライドで繰り返す

 この形を意識すれば、プレゼンの仕方が多少下手でも、少なくとも何が伝えたいのかだけは分かってもらえる。

3.は、パワーポイントの話なので省略します。 どうです? 参考になるでしょう~ 最後のビデオは面白いですけどね!

|

« お笑い「外資系広告代理店」入門 | Main | ガクトの長セリフ »

00709」カテゴリの記事

マメ知識」カテゴリの記事

リンク集」カテゴリの記事

模擬面接」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« お笑い「外資系広告代理店」入門 | Main | ガクトの長セリフ »