« February 2, 2010 | Main | February 17, 2011 »

偏差値40から良い会社に入る方法

 

本書は、序章に

従来の多くの就活本は、自分で就職活動を意欲的にこなし、その準備に余念のないような、就職のエリートたち(「就職コア層」)を対象に書かれています。本書はそのような就職のエリートたちに向けて書かれたものではありません。

と書かれているけれど、よく読んでみると全ての就活生にとって最も大切なことが述べられている。たとえば──

学生が売りものにしたがるサークル活動やアルバイト経験、資格取得などには低い評価しか与えていない。それをはるかに上回る比重を、学生のコミュニケーション能力や積極性、やる気といった、一般的な事柄においている。(P101「採用側と学生側もコミュニケーション不全」から)

とか、

偏差値60の大学の学生も、40の学生も、就職のスタートラインにおいては、ほとんど変わりません。関東圏ではMARCH、日東駒専、大東亜帝国と、それ以外の40前後の無名大学の学生は、ほとんど差異がありません。(P79「偏差値60の大学から採用があれば、偏差値40でも十分受かる」から)

など、である。

縁あって広告業界志望の就活生の支援をしていた経験からいっても、これは必読の1冊であることは間違いない。最後に目次だけでも引いておこう。

第1章 ゆとり世代の就職は「内定一社」で終了
第2章 失敗しない会社選びのコツ
第3章 面接はコミュニケーション能力が決め手
第4章 まやかしの内定を見抜け
第5章 世界同時不況で就活はこう変わる

読書が苦手な向きには、第5章だけはちょっと分かりづらいかもしれないが、あとは平易な文章で楽に一気に読める。なにより教員として、学生に対す る暖かい視点が良い。それは(常々わたくしが言っているように)若い新しい人たちこそが「未来」だからなのだ。子どもや若者を大切にしない社会に未来はな い。

| | Comments (0)

« February 2, 2010 | Main | February 17, 2011 »